スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
あっちゃんの学校
2006 / 03 / 30 ( Thu )
今日は朝からあっちゃんの高校の手続きの書類を
学校に持っていったり、いろいろやることがあったが
すべて10時半には済ませ、その後だらだらとしていて
お昼すぎうとうととしていたのだけれど
身体が冷えて、なんだか気分が悪いから
思い切ってジムに行った。その帰りにあっちゃんを
拾って家に戻った。車の中で今日の出来事を
あっちゃんから聞いて、腹が立った。

今日、先生とトラブったらしい。
しかも、他の生徒もしていることに対して
あっちゃんだけをしかりつけたらしい。
ディテンション(生徒が問題を起すと受けるメモ)
をもらってきた。

話を聞くと、あまりにも馬鹿馬鹿しい。
まずこのディテンションを与えた先生は仮の先生で
いつもの先生ではなかった。

あっちゃんは先生の机においてあるグラフペーパーを
取るために席を立った。
そのときほとんどの生徒もグラフペーパーを
取るため席を立った。しかし
その先生はあっちゃんにだけ、席を立つな!と指示をした
あっちゃんは、先生グラフペーパーを取りにとだけ
言うと、口答えするな!と言われた。

そして、ベルがなる寸前に、あっちゃんの席のすぐ横にある
ゴミ箱にごみを捨てるため再度席を立ったことに
その先生は腹をたてた。

そしてそのディテンションの紙が私の元に届いた
それによると、3,4回席を立った、先生の話をちゃんと
聞いてない。
などと書かれている。

下の欄には親のサインが必要であるとあって
私は学校のカウンセリングに手紙を書いた。
サインはしたもののこのディテンションには同意した
わけではない。
ここに書かれている内容が事実であるか
確認してほしい。
娘の言っていることとは異なっている。

などなど・・・・・

まったくなんなんだろうね。

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

16 : 10 : 26 | 悩み? | コメント(6) | page top
IEP
2006 / 03 / 30 ( Thu )
4月7日に行われるIEPの日を変更してもらうことになった。
学校区はなんだかんだ言って7日にやりたいようである。

こっちはまだ弁護士も決まってないし
ちゃんと用意できるものはしておこうと思う。
そうなると7日では到底時間がない。

いままでの学校は変更を申し出ると必ず
OK、ではいつがいいですか?という返事一つだった。

それがまた夜に学校区のディレクターから電話があって
喜んでスケジュール変更をしたいのですが・・・・・・・
メンバーがそろうかどうか?
まだわからないし・・・・
なんたらこうたらで、理由つけている。
それなのに、昨日OTから電話があって
逆に7日には彼女は書類が間に合わないと言って来た。

まったく学校区の都合だけで息子の
一年の計画をだいなしにはしたくない。

今回の学校の件でAdovocateから書類が送られてきた。
話をした問題について、法律に触れている部分は
その規則が書き出されていた。

Adovocateができることはこういうことなんだなあって思った。
やっぱり弁護士だね。





テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

15 : 51 : 48 | 息子よ! | コメント(8) | page top
2006 / 03 / 30 ( Thu )
昨日キングコングのDVDを見ていたが
キングコング御登場前にはソファで
高いびき状態だった。
で・・・娘に映画終わったよって起されて
ベットにもぐりこみ、朝7時半まで
爆睡だった。

で・・・夢を見たんだけれど
彼氏と待ち合わせの時間にとび起きて
あわててシャワーを浴びて服に着替えているのだけれど
足のすね毛が熊のようにボーボーで
やばい剃らなきゃ!と言ってまたゆっくり剃り始める夢
そして、いつも夢に出てくる私の彼氏に
やっと今日は会える、今度こそ夢じゃないのね・・・と
心に思った瞬間にえっくんにおこされたあ!!!!

このパターン多いんだけれど・・・

こーゆうときってまた眠りたいよね。夢の続き・・・・


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

02 : 07 : 58 | 私の夢 | コメント(0) | page top
言いつくせないほどの尊敬と感謝
2006 / 03 / 23 ( Thu )
私の尊敬する方のBlogをリンクいたしました。
アメリカでABAのセラピストさんとして
活躍されている方です。

私にはこうして息子が自閉症という過酷で残酷な
道を歩む中、たくさんのすばらしい仲間と
尊敬できる方々にめぐりあう機会がもてたことは
本当に感謝しています。

とくにアメリカでスピーチセラピストをめざしたり
ABAのセラピストをめざしたり
OTをめざしたり、
一生懸命勉強して、なんとか人の役に立ちたい。
そしていつか自分が学んだことを
自分の国に持ち帰って受け継ぎたい。

みんな若いのにがんばってる人がいっぱいいることは
本当に救われる気持ちになるのです。

きっとこのようにすばらしい方々はまだまだ数すくないのですが
この方たちがいつか福祉の未来を
明るくしてくれるような気がするのです。

本当にありがとう!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

15 : 42 : 52 | friends | コメント(2) | page top
先生とのミーティングと学校見学。
2006 / 03 / 23 ( Thu )
今日は朝からひどい筋肉痛で歩くのも大変である。いたいなんてもんじゃない。昨日のストレス発散運動で思いっきりやりすぎた!
そんな朝をむかえたのだが、またゆっくりもしていられない!
11時ににえっくんの担任の先生とミーティングの予定が入っていた。予定より30分早くついた私は学校区のディレクターも来ていたので、早速話しをはじめた。

まず以前からリクエストしておいたデータのコピーであるが・・・
えっくんが以前通っていたスクールで取ってくれていた
データの中で2004年から2005年のデータを
コピーしましたと言われて渡された。
これはさほど問題ではないのだ。
だって、そのデータはちゃんとしたデータとして
記入されていたわけだから。
でも今の学校がそれをコピーすることによって
最低でもどのくらいのデータが取れていたか
わかってもらえるだろうし、目を通さずにはならないいい
機会にもなるのでそう思ってコピーをお願いしておいた。

問題は今の学校でのデータである。
もちろんうすっぺらい紙にデータはあった。
もしかしたら、リクエストして一度は却下され、
それが法律的に違法であると申し出た後で
作り上げられたものであるような気がした。

理由としては、こちらの学校ではディスクリート的(DTT)な
トレーニングはあまりさせないようにしているのです。
なぜならば、DTTばかりしていると般化がむずかしいからです。

そんな理由でデータをちゃんと取らないなんぞは許されないと思った。

まず、以前の学校でどのような記録の仕方をしていたのか見てみましょうと言って、一ページずつめくって、私が説明を加えた。
まず一ページ目・・・・
このデータは毎日記録されています。誰がつけて
どの科目を何日にされたのか一目瞭然になっています。
と説明をした。
ディレクターと先生はびっくりした顔をした。
これいいアイデアだわ!コピーさせてもらってもいいかしら・・・・
今後に使いたいと思います。と言った。よしよし・・・・

そして、IEPの科目ごとに振り分けられて
データがきちんととられているのを見て
私はこのデータがあったから学校とうまく協力しあうことができました
と言った。
できればこれと一緒または近いくらいのデータが
私には必要ですとも言った。
しかしここの部分は先生しだいだから
今後の課題でもあるようだ。

そして、事細かいこと、改善すべきことを話した。
まず、机の配置がよくないことを以前に話しておいたら
今日は息子の机の配置が整っていた。
きれいではないが壁につけられて
あまり気が散らないような配置になっていた。

クラスはまだいっぱい物がありすぎる感じがしたが
今日はちょっと整えてある部分がみられていた。
(私的にはOKは出せないが・・・)

息子の机には、まだダンボールで囲いがしてあった。
もうこれはあきらめるしかないかな???
そこに張ってあった息子のスケジュールボード
息子のレベルを説明すると・・・
スケジュールボードはすでにカラーではなく
白黒でアイコンは小さく文字は大きく
(実はこれは、入学当初から説明しておいたはずであったのに実行されていなかったのである)
まあ、これはすぐにでも改善すると言った。(遅すぎるが・・・)

一番むかついたのは、息子のPECSブックが
机の棚の一番底に入っていたこと。
私はこれを取り上げて、これをどこか
息子が一番手の届くところにおいてほしいと言ったら
以前はひもでつるしてあったと言った。
しかし・・・・実際はそんなのはないと思った。
2週間くらい前にスピーチの先生が送ってくれた
写真を見ると、同じところに同じような形で
PECSブックが置かれてあった。
そこで先生に質問をした
息子はこのPECSを使ってセンテンスを作り
誰かにリクエストしますか???
先生はOh!Yes!と言った。
ふ~ん・・・だったらもっとPECSが古くなっていても
いいのになあと思った。
しかも・・・ディレクター曰く、この先生は
ちゃんとPECSのトレーニングを受けていると言った
その言葉がえらく気になった。
本当にトレーニングを受けていたら
息子が行くところにはかならずPECSブックを持っていくであろう。
うそつくな!と思った。

そこでPECSブックか携帯用のPECSを作って
かならず息子がだれとでもコミュニケーションが取れるように
しておいてくださいと言ったら
それはいい考えだわと言った。
そんなこと知っているべきである!!!!!!!!!

それから、先生とのコミュニケーションブックに関して
連絡を下さいと何度も記したのに、連絡がないことには
「I'm sorry」と言われた。

今後誤解がないように、わからない質問やら
回答に難しいことが生じたらかならず、電話をくださいと言ったら
OKと言った、これもどうかな???

そうこうしているとAPE(体育)の先生が現れた。
息子の体育の時間が来たのでと
迎えに来たのだ。こっそりと
セッションをのぞいたら、ボールをオーバーハンドで
投げる練習をしていた。
あまり気乗りしていない感じだったが
APEなんてこんなものなのかなあって思った。

そして、確実にIEPに記載された回数は
受けられるようにと念を押しておいた。

学校区のディレクターはこういった。
こうして改善はかならずします。
親がこれは違うんじゃないの?という疑問には
かならず対応します。
可能か不可能かはお互いとことん話しあって行きましょう。

以前の学校とまったく同じには行きませんが
それに近いものをめざすように心かけます。

と言った。

私はそんな言葉はいらない。息子にちゃんとした教育が
与えられるのであれば、言葉での約束なんて
なんにもならない。

次回は4月7日にアニュアルIEP
このときはいろいろと記入しなければならない
問題がたくさん出てきそうである。

いまから私の宿題はその日までに
考えをまとめておくこと。









テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

14 : 04 : 00 | 息子よ! | コメント(2) | page top
忙しい日
2006 / 03 / 23 ( Thu )
昨日は本当に一日中忙しかった。
ストレスがあまりにもたまっていて
なかなか寝付けなかったので
ジムで朝早くから汗を流してきた。
ジムの帰りに次女を学校からピックアップさせて
早退させた。理由はえっくんが早く帰ってくるため
ベビーシッターが必要だった。
午後1時からAdvocateの人との電話相談のアポが入っていた。
待つこと30分、やっと話すことができた。
ラッキーなことに私から自分の事情を説明する前に
彼女も他のアポがあったため
2時10分くらいで話を追え
その日の午後5時にまた話す約束をして切った。

電話を切った瞬間に家を飛び出て、
2時半には私の子宮ガン再再検診があったので
かなり焦り気味だった。
結果は異常なし!よかったがずいぶんと待たされて
また病院を飛び出した。

そしてその後娘の歯医者が入っていたため
また娘をピックアップして
歯医者に向かった。
そして帰宅直後にまたAdovocateの人から
電話があり、
その日初めての食事は夕方6時半であった。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

09 : 35 : 10 | えっくんママ自身 | コメント(2) | page top
学校区のスペシャリスト
2006 / 03 / 21 ( Tue )
たった今(夜7時半)に学校区のスペシャリストから
電話があった。
なぜこんな遅くに電話があったか・・・・

今日彼女の留守電にメッセージを残した。
結構冷たい言い方で淡々としたメッセージで
IEPにそってないというような内容を言っといた。
だからだろう。あわてて、電話をしてきたのだろう。

向こうは今週の水曜日にすべてのデータのコピーをお渡しいたします。
サンディエゴの学校の古いデータのコピーも
お渡しできます。と言って来た。

もしかしたら、この地域のFEATという親の会の
メールで私たちが弁護士を探しているのを知ったのかもしれない。

また先生とのコミュニケーションが取れていない。
IEPの改善も必要だし・・・

学校で使っているコミュニケーション機材を家に持ち帰らせたい。
など私は今回言いたいことを全部言いました。
教室にべたべたといろんなものを張って
まったく気が散るような教室では学べないと
言ったら、それはもう改善させましたなんて言ってきた。

で・・・水曜日に学校見学と先生とのミーティング。
IEPの見直し・・・・

そして最後に、正直いって息子を学校に行かせたくありませんと
言ってみた。

これからもっと話合いましょう。と言ったけれど
私はこれにだまされないぞ!!!!

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

12 : 55 : 00 | 息子よ! | コメント(2) | page top
学校を辞めさせたい
2006 / 03 / 21 ( Tue )
今週から先生と親の懇談会が始まった。
学校からは1ヶ月前から日にちと時間を決めましょうと
連絡があったので3週間前に先生に手紙を書いた。

内容はベビーシッターが見つからないので
どうしたらいいでしょうか?と書いた。
先生はではその件でお電話します。と書いてきた。
あれから3週間がたったが連絡がないので
金曜日手紙を書いた。
懇談会のスケジュールが決まってないので
お電話ください。
しかし、金曜日は返事がなかった。
そして今日も同じ内容でコミュニケーションログに
書いたが返事がないし
コミュニケーションログにはスピーチの先生あてにも
手紙を入れておいたが、また戻ってきた。
先週の月曜日には学校区にレターを出したが
まったく反応はないく、今日電話をしたけれど
だれも返事をくれない。
こんな学校は学校じゃない。
本当に最低である。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

10 : 04 : 32 | 息子よ! | コメント(2) | page top
IEP Page 2
2006 / 03 / 20 ( Mon )
えっくんのIEPの2ページ目に

When given 2 items Eddie will demonstrate understanding of 6 actions by・・・・とつづった項目があるのね。
日本語にすると2つの物を渡してその使い方がわかるようにする。

たとえば鉛筆と歯ブラシを置いて、字を書いてと指示をだしたら
鉛筆を取って字を書く。
歯を磨いてといったら歯ブラシを取り歯を磨く。

担任に思い切って、IEPの2ページはどうなってますか?
どのくらい習得しましたか?という質問に

頭を触ること、足を触ること、泳ぐ振り、ジャンプすること、などとわけのわからない返事が返ってきた。
これはIEPにそった課題をしてない。

学校でやっていることはマッチングばかり、マッチングはIEPには入ってない。
マッチングなど2歳のときから得意でできているのに
IEPにないことをやっている。

本当に困ったもんだ。

意味のない学校はいかない方がましだと私は思う。
そろそろ弁護士を決定しなくてはいけないなあって
ちょっとあせっている。


テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

15 : 25 : 19 | 息子よ! | コメント(2) | page top
BCBA
2006 / 03 / 20 ( Mon )
今日は我が家にABAのコンサルタント、ジムさんがやってきました。
彼はマスター(修士号)のBCBAの取得者で経験も長く
やっぱり、いままであったどんなすぐれたセラピストより
はるかに違いを感じました。本当にまったく違う。

それは・・・・
彼は息子の前で息子の話をしたくないということから
始まります。

いくら重度の自閉症でも聞く耳は持っているし
その子供がわからないだろうにしても
その子の前で、○○ができません!などと
口にしてはいけない。

そして娘たちがえっくんを外に連れ出すこと4時間!
ずーっと息子の問題行動について話し合っていました。

まず、息子は最近、テーブルの上に座るようになりました。
私たち家族は「降りなさい」「椅子にすわりなさい」などと
すぐに指示を出していました。

そこで、ジムさんは言いました。
このビヘイビアが出るごとにだれかが、降りなさい、
ちゃんと座りなさいと指示をだせばだすほど、
問題行動は直らないでしょう。

それより、見てみぬふりをしてください。
完璧に無視をしてください。
その代わりちゃんと座れたときは、おもいっきりみんなで
褒めてください。

ちゃんとできているときに、家族リアクションがすくなすぎます。
リアクションは悪いときではなくていい時にいっぱい
してくださいと言われました。

なるほど・・・・

普段ちゃんとしていることに関して、普通の振る舞いと思い
あまり強調してほめてはいませんでした。

ジムさんは私たちがお昼を食べているときも
家の隅に座ってずーっと私たちを観察していました。

そして、一つ一つゆっくりと、まちがった接し方に
指示を出してくれました。
私たちとの会話の途中でも、彼は
息子が正しい行動をしているときにはちゃんと褒め言葉を
いっぱいかけてくれていました。

もしこの人がもっと息子が小さいときから指導していてくれたら
もっと変わっていたかもしれません。
で・・・私が普段息子にしているDTTを
見てもらい、ちょっと褒めてもらいました。

ジムさんにあってあらためてABAの大切さを感じました。
この方からペアレントトレーニングがこれからも受けられるのは
本当にラッキーだと思いました。

そしてこのジムさんにえっくんの学校の話をしたら
「オーマイ、ガッド!僕この先生知っているし
その学校区の担当者も知っている」息子の教室へは何度も
行っているから、私たちが言っている意味がよくわかるよと
言ってくれました。

そこで、私たちは教育委員会に始めて手紙を出すことにしました。

明日、投函しようと思います。


テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

14 : 00 : 27 | ABAのお話 | コメント(5) | page top
お勧めの本(私のバイブル)
2006 / 03 / 17 ( Fri )
今読んでいる本は
「自閉症を克服する」です。
これ読んでると、希望持てるし、やる気出るし
私のバイブルです。

お勧めです。

autism.jpg

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

15 : 03 : 29 | 息子よ! | コメント(8) | page top
ゴチャゴチャ教室。
2006 / 03 / 11 ( Sat )
前にお話した、息子のお教室です。

本当にごちゃごちゃです。

TEACCHをしているといいつつ、こんな環境の悪さでは
TEACCHしてるとは言えない。

20060310160546.jpg

20060310160613.jpg

20060310160652.jpg

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

09 : 07 : 13 | 息子よ! | コメント(8) | page top
やっぱりわけわかんない学校。
2006 / 03 / 09 ( Thu )
ここのところ学校の先生に
息子がクラスで使っている教材をホームワークとして
持ち帰らせてくださいとお願いしておいた。
これも何度も何度も先生にノートして
学校区にまで言ってやっとのことである。

で・・・・

いくつかフォルダーの中に作られたタスクが
かばんの中に入っていた。

もちろん、全部写真にとってある。

しかしどれを見てもマッチングばかりか
IEPにそったものがどれ一つとしてない。

20060308131024.jpg


しかもIEPにもないタスクにたいして
このようなDataを取っていた。

20060308131043.jpg


データには生徒たちの名前、そして
そのタスクが行われた日にちだけが書いてある。
これじゃあ、プロンプトしたのか、
プログレスしたのか、わからないはず。
指示の出し方だって生徒によっては違うはず。
しかも全部のフォルダーに生徒全員の名前があるということは
やっぱりIEPなんて無視しているい違いない。
そしてこのデータからして
1月から2月で計4回しか行われてない。


この教材の写真だけでも相当な証拠であるし
訴える材料にもなる。

あ~、本当に担任によってだね。



テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

06 : 16 : 50 | 息子よ! | コメント(2) | page top
子育て17年暦(まだ未熟)Teenの親。
2006 / 03 / 08 ( Wed )
子育てって子供がいくつになっても続くのかな?
おしまいってことはないだろうね。
年を取るごとに見守るという形にはなるだろうけれど・・・
最近娘が大きくなって子供から感じ取る気持ちがあるの。

物を買い与えたり、めしを食わすのはまったく大切なことでは
ない。まあそれも必要ではあるけれど・・・・
ましてや勉強させて成績をよくするだけでもだめ

Teenの娘がとっても望んでいることは
話をすること。話を聞いてあげること。
子供の気持ちを理解してあげること
一緒に笑うこと、興味をしめしたことに
一緒に共感すること。
子供が自慢したがることに
「そうなんだよ」と言わないで
「そうだったの?すごいじゃん」と知らない振りをして
びっくりすること。
愛情を「I Love You」という言葉で片付けないこと。
こういったやり取り。

こういうことを子供は頭と身体を使って
一生懸命訴えているような気がします。

Teenの子は子供から大人への中間地点
身体はりっぱな大人だけれど、まだまだ未熟だったりします。
でもそれをかくそうとしたり
変に大人ぶろうとする。(自分のこと)

自分の世界をもって、いろんな思いを描いている。
そしてとても孤独だったりもする。
落ち込むときはとことん落ち込む。
世の中には危険信号を訴えてる子供もいっぱいいるだろうね。

自分の娘がTeenになって気がつかされる、子育ての厳しさと
おもしろさ。

いくつになってもやっぱり子育ての基本。
愛情もって、接して、褒めてあげたり
時間かけてコミュニケーションをとったら
絶対に心開くと思う。

最近夢に思う。
サンディの家もあっちゃんの家もえっくんの家も
みんな隣同士ならいいなあって・・・・








テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

16 : 53 : 05 | ファミリー | コメント(8) | page top
He had a good day!
2006 / 03 / 08 ( Wed )
先生との交換ノート、かなり無駄な気がしてる。
だって、あまり返事がないし、スピーチの先生や
APEの先生の方が、いろいろと書いてくれる。
担任は私がきらいだと思う。
とくに先日、学校区に教室の環境の悪さをうったえてしまったため
学校区が見学に入っているはずだし
抜き打ちでえっくんのソーシャルワーカーも見学しているし
弁護士連れて行くって言っちゃったし・・・・

今日朝、そのノートに息子はどうですか?という
質問を書いておいた。
先生は今日はいなくて、仮の先生が入っていた。
でもだいたいこの息子の様子を聞くと
He had a good dayって書いてあることが多い。

私はこの言葉がきらいなのである。

怪我をしたり、パニックにならない限りGood dayで当然!
それより、何を学び、何を覚え、何に興味があって
どんなことをしたか。

自己刺激行動やらトランポリンに乗っかってれば
Good Dayなんだもん。
それらをやめさせて、だれかが介入したら
いやがるわけだからGood Dayってことは
何もしてないのも同然だと思っている。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

15 : 47 : 09 | 息子よ! | コメント(4) | page top
えっくんのセラピー
2006 / 03 / 08 ( Wed )
えっくんのセラピーを私がする。
毎日やるぞと気合を昨日入れたのに
もう今日、やだなあって思う。
でも決めたからには少しでもやろうと思う。
こんな乗りのない日は課題も簡単なものになっちゃう
でないとえっくんができないことがあったら
私まで怒ってしまいそうである。

受容の名付も以前とかわらず、ある程度ランダムで
できてきてる。でもやっぱり
難しそうである。
もっともっと、言葉を耳にして、理解力を深めていくしかないなあって
思う。

セラピーをするって大変だし、
根気いるし
いらいらしたりもするし、時間だってかかる
でも、やってると、ちょっとたキーが見つかって
クリアすることもある。
そして得意分野、不得意分野もかなり見えてくる。

明日はもっと気合入れて、がんばろう。
えっくんは半日で帰ってくるから
晴れたら思いっきり遊ぼう!

でも今日も雨だった。お天と様、でてこい!

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

15 : 38 : 19 | 息子よ! | コメント(2) | page top
ホームセラピー
2006 / 03 / 05 ( Sun )
今日、ジムさんて方から電話があって
パパが最初は弁護士かと思ったらしいのですが
ビヘイビアのコンサルタントというかえっくんがこれから受けるセラピーの、セラピストさんから連絡があり19日に
アセスメントをして
ビヘイビアに対してのセラピーがはじまります。

またホームプログラムが出るとは思っていませんでした。

この方リージョナルセンターの方が太鼓判を押すほど
ベテランで親からも人気があってかなり経験があると
言ってました。でもやってみなければわかりませんが・・・・
なんだか楽しみです。


テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

13 : 42 : 41 | 息子よ! | コメント(0) | page top
遺言書
2006 / 03 / 03 ( Fri )
こっちに来てから早4年
4年のうち一度だけ帰国した。
そのとき、父から見せられた遺言書。

現在父は85歳、元気とはいえども、もう長生きをしてしまった
部類の人である。
だからそれなりの準備をもしていて

これが遺言書だと渡された。
娘としては絶対に見たくない物である。

そして父がそれを読み上げる。
もちろん、自分がなくなったら一切を母に譲り
母が亡くなったときは私が譲り受けるとある。

そして最後の言葉に・・・

妻と娘がいつまでも健康で幸せである

ことを祈る。


この一言があまりにも私の心を打たれたが
わざとなんでもない振りをよそおい、
これコピーちょうだい!なんて言って見た。

しかしこの夜、私は眠れずふとんの中で朝が来るまで
泣きやむことはなかった。

お父さん、死ぬな!

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

08 : 01 : 01 | えっくんママ自身 | コメント(4) | page top
乳がんの検診
2006 / 03 / 03 ( Fri )
今日ははじめての乳がんの検診でした。
20分もしないうちにすんだのですが・・・・
これが いててて、いててて、

はさんで、はさんで、これでもかってくらいはさんで
もういいだろう!ってくらいはさまれました。

でも検査はやっておいた方がいいのでしょうけれど
腸の検査の次に二度とやりたくない検査でした。

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

07 : 53 : 03 | えっくんママ自身 | コメント(4) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。