スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
仕事します
2009 / 02 / 28 ( Sat )
今日は長年の友人、Yちんと浅草にいくか!パワースポット行って、エネルギーもらってこようか!と思っていたのですが、急きょ取りやめ。悪天候だしね。
またにしましょう。少し暖かい方がいいかも。

とういことで、仕事をずっと朝からというか夕べからというか・・・・
しておりました。

ここのところさぼっていたので癖になる前に行動しようと・・・・・

昨日はMama Miaという映画を友人と見に行ってきました。
完璧にコメディかと思ったら、いやいや中身の濃い、親子愛と、ラブストーリーでした。
自分のことでかなりオーバーラップしていること。
一緒に見に行った友人はABBAが大好きだったので
当時を振り返って、お互いわからないように号泣しておりました。

2人の共通点は字幕を読まなくても理解できるから
笑うところが一緒だったり同時だったりする。

あさっては「おくりびと」見てきまーす。

スポンサーサイト
21 : 56 : 53 | 日本にて | コメント(0) | page top
お姉ちゃん
2009 / 02 / 28 ( Sat )
皆様もそうだろうけれど、
兄弟にニーズのある子がいると
なんとなくボランティアに率先したり、
ニーズのある人に対して、やさしかったり、ヘルプしたくなるのはとてもいいことだと思う。

うちの娘2人は、まったく隔たりなくニーズにある人と付き合うことができる。
たとえば、あっちゃん、スクールバスであるニーズのある女の子が一人で乗っていると
すぐに一緒に座って乗ってあげる。

バスでいじめにあってる子をかばったりする。

じろじろなめるような目で見ている人がいると
「何見てるの?なんか用ですか?」と言う。

そして弟がどんなに問題行動を起こそうと、そういう想像がつこうとも
どこにでも連れて行ってくれる。

実際に今日、お姉ちゃんにママの今後の夢をたっぷりと語らせてもらったら
全面的に協力してくれるって言ってくれた。

私があの子たちの年齢のときは自分のことしか考えてなかった。
だからニーズのある子が家にいるって、すごく家族を成長させてくれるんだよね。

そう思うと、えっくんはありがたい存在なのだ。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

04 : 38 : 14 | ファミリー | コメント(0) | page top
チャット
2009 / 02 / 25 ( Wed )
子育てして早21年、いまでも手探りで時々ひどく落ち込むし、すごく勉強になるし
悩むし・・・・いつもこれでいいのかな?って思う。

日本とアメリカの距離を置いて、はじめて子供たちのこんなに長い間離れた。
離れて見て思う、家族の大切さ。

子供から学ぶ本当に大切なもの。

おねえちゃんとここ2日間チャットをした。
最初の日は眠れないらしく、人生につまずきを感じていたらしい。

ママはお姉ちゃんを誇りに思うこと。
ママは子供をだれよりも愛していること。
ママは離れてみて、子供がどれだけ大切な存在だとうことを身にしみてわかったこと。
ママとパパは子供を守らなくてはならない立場なのに、それができないでいること。
つらいとき抱きしめてあげられなくてすまないこと。
4月の彼女の21歳の誕生日前には帰ること。
帰ったら何も心配しないで、好きな道を歩んでほしいこと。
そのためのサポートは必ずすること。
笑顔の毎日が来ること。
小さい家でも、貧乏でも、家族が一緒にいられることがどれだけうれしいことか
そんな話をした。

はじめて穏やかな気持ちでの話だった。

今日は彼女は元気だった。
もっと心を開いてくれて、ずっとはRosevilleには住みたくないと言っていた。
私も同じ。いずれ引っ越しをしようということに同感してくれた。
そして、早く孫を抱っこできたらママはずっと離さずに育てるよ!って言ったら
まだ早いよ!って言ってた。

日本でのこの半年間はママにとって、子供がいることだけでもありがたいと知らされたよって言ったら
ホッとしたようだった。

傷ついた心を治そうねっていったら、彼女は
ママ私もう大丈夫だよって言った。強くなったね。本当にがんばってくれてありがとうって言った。

私は本当に幸せ者で、3人の子供たちから愛されている。
私は他には何もいらない・・・・・






テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

07 : 14 : 58 | ファミリー | コメント(0) | page top
読書の真冬!
2009 / 02 / 23 ( Mon )
まあ、学生のころはまったく本を読まなかった。
専門学校のコンピューターの授業のとき、初めてその教科書を開いたのは卒業の数日前であった。

他の教科書も、よだれで固まってひっついてた状態。

成績はそれでも悪くはなかった。かなりラッキーかも。
卒業テスト前にコンピューターの先生を脅して、Bをもらった・・・・私らしい!

そんな私がいま本に埋もれている。
今日は一日中本を読んでいた。
ということはカロリーをほとんど消耗していない一日だった。

しかもみたらし団子やら、さくらもちやら、渡すあてのないバレンタインのチョコレートを食べながら読んでいた。

今日読んでいた本は「緊張」から自分を救う本!
私を少し知っている人はうっそ!緊張するの?って思うだろう・・・・

でも私をよーくよーく知っている人は、もっと前から読めばよかったじゃんって絶対に言うだろう。

今読んでいる本はこの本を含めて、4冊、同時進行。
それで次に読む本がこれは「自閉症の謎を解き明かす」という本。
かなり厚手の本で、バイブルのようである。
たぶん、聖書の形を真似して書かれている。

読み応え大ありで、たぶんこの手の本は2週間くらいかかるかも。
あと20冊くらい読んでない本が私の手元にある。

だいたいビジネスの本、スピリチュアルの本、宗教の本、自閉症関連の本、精神学の本、この手が多い。
本屋さんには申し訳ない。何時間でもうろうろして、何度も、本を手にとり、また戻し、またうろうろ!

アダルトチルドレンという本があった。買わなかったけれど、わあああ以前うちの家族に約一名この手の人がいた!と思って、本屋で原因解明した。(笑)

私はクリスチャンだけれど、お寺も巡るし、仏教の本も読んでみる。
日本の文化も少し学びたい、この年になって、今年になって、私の人生は急変した。
本当に別世界に自分がいるようだ。

「好きなもの」も多くなった。
自分には手の届かないものだと思っていたことなどが
すぐそばにあったりする。
夢がかなっていく年でもある。

何かが終わると、またすぐにスケジュール帳に何かが書かれていく。

去年の自分とはまったくまったく違う・・・・・・
巡り合う人、巡り合った人の数もすごい。
これからもずっとずっとこの出会いは大切にしたい。

さて、4月2日に行われる「世界自閉症啓発デー」で日本自閉症協会主催でシンポジウムが開催される。これにあたって、自分は何ができるか考えている。もちろん参加予定。
その後、アメリカに帰る予定です。桜散ってから、行きます!



04 : 34 : 12 | 私の好きなもの | コメント(0) | page top
今週末最高!
2009 / 02 / 22 ( Sun )
アトピーがひどくて化粧もできなかった先週。
やっとかゆみもひいて、まちにまった大好きなおっさんバンドを見に・・・・
それだけでも元気になっちゃった私。

メジャーめざしているかどうか?でも頑張ってる人みるとすごいモチベーションあがる。
かっこ悪いのに、すごいかっこよく見えちゃう。
面白いし、演奏も歌も最高!

で・・・・昨日はおっさんバンド
そして今日はお笑いライブ!!!!!
ななめ45℃というコンビ。
これがおもしろい。

ということでちょっとシェアしたい。
すごいセンスいいと思います。

みてください

ななめ45℃
08 : 03 : 55 | 癒し系 | コメント(0) | page top
なんだかブルーな日
2009 / 02 / 17 ( Tue )
今日はなんだかブルーな日
こんな日は友人に愚痴をこぼしまくる。
でもこんな仲間がいてくれて本当に助かる。

よくわかっててくれて、愚痴だからって言うと
OK!じゃあ聞き流すよって言ってくれる。

ここのところ精神的にすごいストレスが加わったらしく
顔がざらざらアトピーが出た。
こんなことはめったにない。
そして花粉症も勃発!最悪。
腹の調子は悪いし、
そんで腰痛もひどいもんだ。

それでなんでブルーかって言うと
アメリカに帰る準備(心)を自分が始めている。
娘からも帰って来いコールがあったので
もう帰らないと。

9月から日本に来て、いろんな人と巡り合えて
親にやさしくされて、本当に充実した毎日だった。

仕事までしちゃったりして、
収入なんてそんなにないけれど、絵カードを作って子供たちがそれでコミュニケーションとれればと願いながらの仕事はとても楽しかった。
これからもこのビジネスは続けるから購入される方は安心してほしい。

おいしいものいっぱい食べた。
ここにきてまた暴食が始まった(ストレス食い)

帰りたくないのであるけれど、私にはいくつかやらなくてはならない責任と義務がある。
それをほおってはいけないこともよくわかってる。
それでも、日本にこなければならなかったほど、苦しかった。
でも、たぶん大丈夫。

私より、娘とえっくんの豊かな心を取り戻してあげないと。
ずいぶん時間かかるだろうな。
でも、みんな深く傷ついたんだよねえ。

本当にみんな私のいない間よく我慢してがんばって
弟の面倒をみてくれたと思う。
感謝してもしきれないくらいありがたい。

でもね、こういう奥の深い感情を英語で表現するのは残念だけれどどうしていいのか
わからない。

日本語通じたらお母さんがしてきたこと
いっぱいいっぱい心こめて話てあげれるのになあ。

えっくん、あとちょっとで思い切り抱きしめます。
さみしくさせてごめんね。




08 : 11 : 33 | 日本にて | コメント(0) | page top
ぜひ見てほしい
2009 / 02 / 14 ( Sat )
見てください!

00 : 18 : 04 | 日本にて | コメント(0) | page top
この気持ちだけは・・・・・
2009 / 02 / 12 ( Thu )
息子が自閉症と診断されてから、何人の人との出会いがあっただろう。

ごめんね、最近記憶力がものすごい低下していて、
以前メールいただいて!とか言われても、忘れてたりする。

でもその数はものすごい数で、ありがたいことに
本当に大きな輪が広がった

知らない人からメールと写真がきて、私の家族です!ってのも結構ある。
えっくんの友達アルバムを作っていまでも大切に持っている。

沖縄の人も北海道からももういろんな所からメールが来て
すごいうれしい反面、自閉症が増えているとう実感はなんとも辛いものがある。

大丈夫だよ。一緒に悩もうよ!ってしか言えない私だったけれど
結果として良い方向にいったときの報告は本当にうれしい。

今年、私は日本にいて、いろんな活動をしはじめた。
すればするほど、日本の実体を知るし、とても厳しいのが現実。
どうにかしたいとは思うけれど、本当に無理に等しい。

とくに就学児のときのお母さんの悩みはつきない。
システムがない日本は本当に大変。
家庭でABAをして、少し知的にもあがってきても
また学校で壁があったりする。
スムーズなシステムはこの国にはない。

親の声は本当に大切。
私はその声を出せる母でもある。
中には人前で話たり、声をだすのが苦手な人もいる。
実に去年まではそんな私であった。
でも今は全然違う。

いつでもどこでも言って自分の意見が言える。
もちろんうまいわけがない。
ただ経験の話をするしかない
話のプロじゃないから時間なんて長すぎても短すぎてもうまくは
伝えられない。

でも、それでも全然OKだと思う。
そのことで子供がよくなるなら、私の恥なんてなんでもない。

こうやって強くなっていく自分がいるけれど、
でも、前みたいにどうしようと言われたら、一緒に悩もうよっていう私は変わらないでいたい。





テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

22 : 33 : 37 | 日本にて | コメント(0) | page top
米軍基地に買い物
2009 / 02 / 11 ( Wed )
今日は念願?って私の予定がいつもぐちゃぐちゃで伸びに伸びていた
米軍基地へのお買い物にMさんと行ってまいりました。
Mさんとは最近会ったばかりなのに、なんだか不思議なくらいずーっとずーっと昔から知り合いのような、そして複雑でボロボロだった私の心を救ってくれた人でもあります。
彼女とあったその日からあまりにも力強いパワーがあふれ出ていて
パワーシャワーを浴びたとう感じでした。

今日もランチを一緒にして、おもしろくて、たのしくて、
しかもいっぱい話を聞いてくれて、彼女はわたしより14歳?くらい年上なのに
かわいいし、彼女との出会いで私の人生また違う感じ方を教わった。

Mさんみたいな人がこの世の中にたくさんいたら平和になるんだろうなあ。
何があっても楽しく生きるっていう、生きることの大切さ、命の尊さ、
いっぱいいっぱい学んでます。

私生まれ変われるなら、彼女の飼っている犬になりたい!


テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

23 : 21 : 37 | 日本にて | コメント(0) | page top
終わっちゃったママ交流会イン田園調布!
2009 / 02 / 11 ( Wed )
今日は田園調布でママ交流会が行われました。
つみきの会会員の方または非会員さん、系25名?くらい集まってくれました。

今日は感動の一日でもありました。
涙したり笑ったり、私も自分の昔を振り返ることができて
とても思い出になる一日でした。

中には朝ネットで検索して今日急きょ参加の人もいました。

10時半から始まった会があっという間に時間がたち、
結局終了5時に解散になりました。

来てくださった皆様もそうですが、
今日家でお留守番をしていたおこちゃまもパパたちも
ご協力ありがとうございました。

まった会おうねー

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

06 : 20 : 14 | えっくんママ自身 | コメント(4) | page top
ママ交流会
2009 / 02 / 10 ( Tue )
明日はママ交流会です。
12月からあたためていた企画です。
ついに実行です。
20人以上の方が集まるそうで、中には遠くから来られる方もいるそうです。
ありがとう。

お母さんたちが元気になって帰って行ってくれたらって思っています。
明日のパワーのために、今日は風呂はいって充電します。

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

02 : 57 : 22 | 日本にて | コメント(2) | page top
井上 雅彦先生(兵庫教育大学大学院 臨床・健康教育学系 助教授)
2009 / 02 / 07 ( Sat )
新しくABAの本がでました。

51tIhSXeSdL__SS500_.jpg

アマゾンから購入できます。
まだ発売される前にペラペラとめくってみる程度でしたが、
難しくなく書かれたABAの本です。

井上 雅彦先生のホームページはこちら。

アマゾンへいそげ!

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

06 : 31 : 28 | ABAのお話 | コメント(0) | page top
松下幸之助殿
2009 / 02 / 07 ( Sat )
現在読んでいる本は3冊。
その中の一冊はこちら 「一日一話」
松下幸之助、松下電機の創業者でございます。
この方の人生の成功論でしょうか。

人間の原点と基本と精神と道徳がぎっしり詰まった一冊。
ビジネスをする人、している人、これから何かするぞと思っている人
結構バイブルになるかもしれません。

ISBN4-569-57267-7.gif




テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

06 : 24 : 04 | 日本にて | コメント(0) | page top
寝不足
2009 / 02 / 06 ( Fri )
昨日は夜3時まで仕事というか企画を練って、練って、
いつものことだけれど、決定ができない。
いくつか決定したのが商品の値段、ドメイン、それくらいかな?
いつも企画をすると夢が広がって必ず12時を切るどころか2時、3時になる。
それでも夢があるからうれしいし、次の日、また話し合う。
必ず違うアイデアがあって、未来に向けてまた踏み出す。

今日は早く寝ることにします。

明日は友人しゅんくんママと川崎で待ち合わせで11日に行われる交流会の打ち合わせといろいろ私の愚痴もいつも聞いてもらってる。大半が私の愚痴!
メールできついこともつい書いちゃうのに、ちゃんと返事してちゃんと答えてくれてすごく刺激になるありがたい存在なんです。

打ち合わせして、ランチしたら、ABAセラピー勉強会に一緒に出席。

その後私は東京で行われるお母さん業界新聞の交流会におよばれしているのでそっちへ途中参加となると思う。

時間があったら川崎大師って思っていたんだけれど
無理だね。

11までいろいろとあるけれど、よろしくお願いいたします。

これからも続けられる交流会作りましょう。

で、もうひとつの寝不足の理由、
江原さん、江原さんのオーラの泉やらいろんなカウンセリングをYou Tubeで見ていて、寝られなくなる、私あの人大好き!大大大好き!
だって、私あの手の番組が怖くて怖くて見れなかったのそれがあの人の番組はいつも私を幸せな気分にしてくれる不思議。
江原さんに会いたい。この気持ち霊視してくれええええええええええええええええええ!




06 : 05 : 43 | えっくんママ自身 | コメント(4) | page top
えっくんレポート第10回やっとアップ!!!!
2009 / 02 / 04 ( Wed )
つみきの会のHPに掲載させていただいてる

えっくんレポート第10話がやっとアップされました。

先日アップしてあったのは、下書きしたバージョンでした。

写真やイラストも入っているので、ぜひみてやってください。


えっくんママより

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

09 : 01 : 17 | 息子よ! | コメント(2) | page top
こういう時どうするかな?
2009 / 02 / 03 ( Tue )
今日は横浜から市営地下鉄にのってあざみ野方面へ向かう電車の中
お母さんと男の子が私の前に座りました。
たぶんですが、某発達クリニックにいくのかな?

男の子は重度の自閉くんだった。
えっくんそのもの。
言葉はないけれど、結構大きな声で何かを言っている。
また落着きがなく、ときどきのけぞる感じだった。

お母さんは周りはあまり気にしてはいないけれど
でもその子が大きな声をだすと「しー」と言っていた。
どんな思いだったんだろう。

慣れっこなのかな?
それとも早くおりたい気分なのかな?

本を読んでいた私だけれど気になって気になって
声をかけたくなった。

私の子も同じでね。といって隣にすわりたくなった。
すごくすごく話たかった

こんなとき声はかけない方がいいのかな?
それとも、かけてくれたらうれしいのかな?

結局声をかけずにその親子は途中で降りて行った。
そのお母さんをみならいたいと思った。
私はえっくんを電車に乗せる自信がまだない。
これも訓練なんだろうけれど。


02 : 29 : 53 | 日本にて | コメント(8) | page top
素敵な出会い。
2009 / 02 / 01 ( Sun )
今日も素敵な出会いがありました。
ここのところとても素敵な出会いが続いています。

先日お会いした、日本を元気にしようをはじめ、「ブッ跳び主婦、日中の懸け橋になる!」を書かれた
作家でもあり3人のお母様でもある、宮本ゆかり様
からのご紹介で

お母さん業界新聞、お母さん大学の代表、藤本 裕子様と、
そして中国にお住まいで、ライターでもあり、レポーターでもありいろんなジャンルで活躍されている
小林純子様。

にお会いしてきました。

たくさんたくさんの素敵なお話、お母さんてすごいんだよ。
というお話、またえっくんのお話。たくさんさせていただきました。

お母さん大学はさっそく本日入学いたしました。
えっくんママ大学生になりました。


テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

05 : 17 : 14 | 日本にて | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。